初心者がデジタルカメラ📸を買う時の注意点。デジタルカメラの種類とコンパクトデジタルカメラ編

camera
  • 私の経験をもとに注意点を解説します。私も初心者です
  • ちなみに私はiPhone11Proを使うようになってからはカメラを使わなくなり、売りました。
  • 結局は自分の好みの物を買って、後悔しないカメラを買った方がいいです。                            

まずは自分が撮りたい被写体を考えてください。野鳥や鉄道を撮る。旅行や街中の風景を撮る。家族や恋人を撮る。などカメラを買った後の自分を想像してください。そして予算を考えてください。初心者が買うカメラにはおおまかに3種類のデジタルカメラがあります。(フィルムカメラは使ったことがないので今回は触れません)            

  • コンパクトデジタルカメラ(以下コンデジ)
  • 一眼レフカメラ(以下一眼)買ったことがないので紹介できません。すいません。
  • ミラーレスカメラ(以下ミラーレス)

の3種類があります。私が紹介出来るのは買ったことがあり、ある程度詳しいコンデジとミラーレスについて書きます

まずは予算を低く抑えられるコンデジ。コンデジとは レンズ交換が不可能なもの(レンズが付いていて、外せない)です。コンデジの中にも3種類あり、一眼レフカメラのような大きさでグリップがしっかりしていて、EVF(電子ビューファインダー)が付いていて、ズーム倍率が大きい(広角側から望遠側までの幅広い範囲が撮れる)ネオ一眼と呼ばれるものと大きな撮像素子(1/1.8型以上)を持ち、35mmフルサイズやAPS-Cサイズなどの大型センサーと明るいレンズを搭載し、機能豊富な高級コンデジと呼ばれるものと上記以外の小型軽量廉価なコンデジがあります。

センサーサイズの比較画像

小型軽量廉価なコンデジは機能の制限があったり、スマートフォンの方が画質が良く、撮りやすいことがあるので、ガラケーを使っている人やお金をかけらない人以外にはおすすめできません。

なのでコンデジを買うなら、野鳥や鉄道などが撮りたくて、望遠機能が必要なネオ一眼か手軽に持ち運びができ、日常や旅行先の風景を高画質でボケ味のある写真を撮れる高級コンデジがおすすめです。

コンデジのメリットとデメリットについて

  • コンデジのメリットは小型軽量で持ち運びやすい(ネオ一眼を除く)。
  • コンデジのデメリットはレンズ交換が出来ず、画角が限られてしまう。

それらを考えて僕がおすすめする(欲しい)コンデジはソニーのRX100VII(7)このカメラはα9譲りの20コマ/秒の高速連写性能とリアルタイムトラッキングAFとリアルタイム瞳AFの優秀なAF性能に24~200㎜の高倍率ズームを搭載していながら、RX100シリーズの小型軽量ボディを実現した高級コンデジです。高いだけ次回のブログはミラーレス一眼編です。ミラーレス一眼のメリット、デメリットなどについて書いていきます。ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました